My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ペンション’フィールドノート’さんのお庭  

5/21と5/22の2泊しました。
車を5台ぐらいおけそうな駐車場からのフィールドノートさんの眺めです。

IMG_7370-1.jpg 


駐車場からアプローチに向かう途中にシックな色のチューリップがたくさん。
IMG_7353-1_20120601064158.jpg

入り口から玄関までの長いアプローチが続いています。
IMG_7348-1.jpg 

アプローチ脇ではフロックスとアジュガ、ビオラが咲き乱れていました。
IMG_7342-1.jpg 


アプローチのいたるとことに、優しい色あいのチューリップとビオラが植えられていました。
IMG_7351-1.jpg

IMG_7343-1.jpg 

ここのとこは特に綺麗でした。
チューリップとビオラはこんな風に植えるのよ!というお手本でした。
IMG_7359-1.jpg 


アプローチの先はフィールドノートさんの玄関へ。
IMG_7331-1.jpg 
玄関を覆うモンタナはまだつぼみでした。

エントランス脇に伸びた小道はシェードガーデンです。
IMG_7328-1.jpg

IMG_7326-1.jpg 


室内からは庭の中に設けた小さなデッキが見えました。
IMG_7316-1.jpg 

ダイニングルームの大きな窓から外の景色を楽しめます。
IMG_7334-1.jpg 

ゲラニウムがもりもり茂っていました。
IMG_7336-1.jpg 

庭は斜面になっていて、その斜面を上手に利用された植栽をされていました。
IMG_7338-1_20120601070035.jpg 


チューリップとビオラで彩られたカラフルでとても美しいお庭でした。
ジギタリスはどこかしらと探しましたが、みつかりませんでした。
あとでお話を伺うと、以前はジギタリスをたくさん植えられていたそうですが、今はわずかだそうです。
お庭を眺めながらもしかすると私が訪れた時期は一年で一番美しい時期かも・・と思いました。
高原ではビオラも長い期間もつんでしょうね。
夏はダリアが主役になるそうです。
スポンサーサイト

category: 2012日本への旅

tb: --   cm: 2

薔薇の季節の始まり  

4月、5月と平均の1/3の雨しか降っていません。
庭はからからで芝は茶色くなり、2本のうちの1本の白樺の葉の半分が枯れてます。
こんなことは初めてで白樺が枯れるんじゃないかと心配になってきました。
ここ数日ひどい熱波が襲っていて、本来なら青々としている今時期のクレマチスや宿根草も水不足で下葉が枯れて醜い。。
自衛本能なのか植物は下葉から枯らしていきます。これがひどくなると株全体の葉を落としますが、庭植えなのでそこまではいかないでしょう。
水撒きはしたくないので我慢しています。
雨降ってよ~~・・・・。



楽しみにしていたリシュリューやファイルヘンブラウもぎりぎりで写真をとれました。
IMG_7473-1.jpg

IMG_7625-1.jpg

IMG_7691-1.jpg


リシュリューとカップリングさせているコレボン嬢も咲き始めてきました。
紫と赤ってきつい組み合わせ・・・・だけどちょっと色っぽい感じ。


うちの庭では、アラベラやロウグチ、デュランディーなどのインテグリフォリア系のクレマチスが咲き始めています。
IMG_7512-1.jpg
アラベラは上に誘引させる一方で地面にも這わせて、ポテンティラの間から顔を覗かせるように咲かせています。
クレマチスはいいね~。


今年もロウグチは元気いっぱいです。
IMG_7532-1.jpg

もりもり茂ったスカビオサにたくさん蕾がついてます。
IMG_7578-1.jpg
コーカシア系のスカビオサは花が大きくて素敵~。


IMG_7592-1.jpg


お帰りのさいは↓ぽちっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ 

category: 庭日記

tb: --   cm: 2

ただいま帰ってまいりました  

やっと今朝方、我が家に帰ってきました。
デトロイトは暑い!!
庭の花がすごく気がかりだったのですが、薔薇もとっくに咲き始めていて、ゲラやアストランティア、サルビアののいいとこも終わっていてがっくり
旅の間に高温が続いてたみたいで、芝は茶色く焦げてるし、庭の花は勝手に咲き進んでて力がぬけました。


日本では天候にも恵まれ、無事に国バラにもいけたし、フィールドノートでは春のお花を満喫させてもらいました。


今回、旅の途中でパソコンがぶっ壊れて国バラでとった写真が全部没に・・・。
国バラの感想はといえば、バラの美しさに圧倒されました。
イケメンのお兄さんが担当された天使の舞い降りるローズアベニューがものすご・・く美しかったです。
美しい方が作られるお庭はやっぱり美しい。
憧れの河本さんの麗しいバラがふんだんに使われた夢のようなコーナーでした
河本ローズを手にいれるのが日本訪問の目的の一つでもあったわけですが、あのガブリエルもルシファーも結局手に入れることができませんでした。すごい人気なの。。。どこでも売り切れ。最後に立ち寄った日本橋の三越のチェルシーガーデンでガブリエルを一鉢だけ見つけたけど出国間際だったのであきらめました。でも買えばよかった・・(泣)
かわりにターンブルーとアイズフォーユーを日本から持ち帰りました。


長野ではおぎはらさんにも立ち寄りました。
そこでいろいろ気に入ったのをお求めしました。
スーツケースに押し込むためにひどい状態で持ち帰ったからいまから鉢にうえてあげないといけません。
のちほど紹介しますね。

category: 2012日本への旅

tb: --   cm: --

アリウムの咲く庭  

アリウムが咲き始めてからだいぶん日がたってしまって花は終わりかけに近づいています。
IMG_6839-1.jpg
まだ蕾状態の白のアリウムはこれからです。

IMG_6853_20120514083926.jpg
アリウムの背後のトレリスにファイルヘンブブラウと2種類のクレマチスを誘引しました。一つはビチセラ系のクレマで、もう一つは去年ついにお迎えした念願のエジンバラ公妃。ファイルヘンブラウとエジンバラ公妃の競演はうまくいくでしょうか。
窓の下のバラはオジェ。
壁際に誘引してあるバラはデッキのバラよりも芽出しも蕾をつけるのも早くて枝枯れもしません。

IMG_6851.jpgIMG_6849.jpg
ファイルヘンブラウとリシュリューの蕾がいっぱい
ニコシアはここ2、3年ぐらいモーブ色のバラにはまっています。
リシュルーはバラを育てはじめたころから憧れていたバラで、関西の有名なあるガーデナーさんに以前おききしたら、小輪だというお話だったので大きな花を想像してた当時の私はちょっとがくりときてお迎えするのを躊躇しましたが、やはりあの独特な花色には効しがたい魅力があったのです。



IMG_6871-1.jpg

IMG_6875-1.jpg 

IMG_6909-1.jpg 
清楚なミヤマオダマキ。 上品で綺麗ですね。我が家には自生地の異なる原種系のオダマキが3種類あって、どれも過去に種まきしました。


IMG_6899-1.jpg 
大好きだったリラフィーが枯れてしまって変わりにこの白いイカリソウを去年の秋に庭に迎え入れましたが、リラフィーの芽が春になってひょっこりでてきたの。 宿根草って枯れたと思っても春に芽を出すことがあるのね。プラム色のオリエンタルポピーも死んだと思ってそこにヘレニウムを植えたら、春になってヘレニウムに重なるように葉っぱがいつのまにか茂ってきて・・・。慌てています。 


ゴージャス感漂うクレマチスでしょう。
IMG_6955-1.jpg 
去年、このクレマをナーセリーでみたとき私は一目ぼれでした。 インテグリファリア系だからそんなに伸びません。
30ドルもしましたが、この美しい花が頭から離れなくて家に来ていただくことになったのです。

IMG_6946-1.jpg
このクレマチスの手前には白のデルフィニウムとブルーと白のコーカシア系のマツムシソウを数株まとめて植えてあります。 デルフィはさっぱりですが、マツムシソウには蕾がたくさんで、今年のブルーガーデンはなかなかの仕上がりになりそうな期待に満ちています。


IMG_6964-1.jpg 
かわいいスパニッシュポピー。ベスチャトーさんのお庭にもこのポピーがたくさん咲いてるそうです。



IMG_6919-1.jpg
近所に亜麻の花をたくさん植えているお庭があって、いつも初夏になると爽やかな青い花が庭の一角をブルーに染めるのを素敵だなと眺めていました。ゲラに似てるけどもっと背が高い。あの花は何だろうと?・・・
ずっと謎でしたが、亜麻の花でした。


お帰りのさいは↓ぽちっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ 

category: 庭日記

tb: --   cm: 4

とてもシックな黒花フウロソウ  

ファエウム・サムボーの野の花のような素朴な囲気が好きです
大株だったのに花後に突然枯れてしまって、植えなおしたので今年はボリュームがあまり。。
IMG_6785-1.jpg
好きなものは枯れようと何度でもリベンジ!


ゲラニウム・エスプレッソのかわいい花もピンクが咲き始めより濃くなってきました。
IMG_6796-1.jpg
この原種の普通のマキュラタムはその辺の林にカタクリに混じって雑草のように生えていて今の時期だけ薄暗い林を綺麗なピンク色に染めています。

IMG_6829-1.jpg
今日、道を運転していて路傍に自生の白やピンクのフロックスが咲き始めたことに気付きました。
ミシガンの宅地化されてないところにはオークの林が広がっててその林床には日本でも流通している宿根草や樹木の原種がいろいろと自生しています。でも、綺麗に管理されてる林じゃないからあちこち倒木だらけで朽ち果ててるし、薄暗くて蚊も多くてあまり足を運ぶ気になりません。そのうえ湿地帯だから雨がふるとすぐに足をとられるしそろそろ大嫌いな蛇に遭遇します・・・。



先日写した構図と同じだけど、セントーレア・ゴールドブリオンの花がもっと咲いてきたので取り直しました。 エリシマム・ボールズモーブと。
IMG_6757-1.jpg

IMG_6760-1.jpg

IMG_6771-1.jpg
始まったばかりの宿根草の季節。
我が家のペレニアルガーデンではこれからいろんなゲラニウム、そしてキク科の花が秋までノンストップで順々に咲いていきます♪

お帰りのさいは↓ぽちっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ 

category: 庭日記

tb: --   cm: 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。