My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ルリタマアザミ  

ミシガンも暑さのピークをすぎたようで、先日の朝は肌寒く思わず肩から何かはおりたくなった。
夜は気温が下がるので足元にブランケットをかけないと体が冷える日もある。

去年とうって変わって今年は雨が多いおかげで樹木が順調に育っている
道路わきでは少し前は、ヘメロカリスが目だっていたけど今はチコリやノラニンジンに主役がかわりつつあって、ミソハギやヘリアンサスもちらほらと目にするようになってきた。
近くの空き地や開けた場所では、クラウンベッチや淡いピンクのセントーレア、ユーフォルビア・キパリッシスがお花畑を作っていて、ヨーロッパから帰化したものたちが繁殖力の強さをもって今ではすっかりとミシガンの季節ごとの風景をつくっている。


一年ぶりに1時間ぐらい離れたところにあるナーセリーにでかけて、アナベルタイプのアジサイとビバーナム、ブロガーさんのとこで目にしたホザキナナカカマドを購入した。
他には越冬できなかったアガスターシェ ’タンゴ’とブルーのオンファロデス。
越冬が難しくても、このアガスターシェはどうしても欲しくてあちこち探し回った。



先日4週間ぶりに撮った庭の写真。

ルリタマアザミ(7/24撮影)
IMG_3195-1_20130728114104.jpg
好きだなぁ~。何年見ても飽きないね。
次々に蕾が上がって1ヶ月ぐらい咲き続けてくれるといいのに・・・。


モナルダ(7/24撮影)
IMG_3230-1.jpg
もたもたしているうちに花のピークが過ぎてしまった。。けどこの頭のはげた感じが好き。


エキナセア’サンライズ’(7/24撮影)
IMG_3187-1_20130728111339.jpg
水切れしやすいし、暑さもそんなに強いわけではないようで豪勢に咲かせるのは難しい。


ホスタ’ゴールデンティアラ’(7/24撮影)
IMG_3249-1.jpg
花も葉もとても美しくてホスタのなかでは一番のお気に入り


オレガノ’ケントビューティ’(7/24撮影)
IMG_3287-1.jpg
今年、お迎えした中でこの子が一番のヒット



スポンサーサイト

category: 庭日記

tb: --   cm: --

辻井伸行さん  

たまたまYouTubeを観ているときに辻井伸行さんの演奏を耳にした。
ちょっと調べてみると、ここ数年、日本で話題の?ピアニストらしい。

心があらわれれる美しい演奏。



曲目はリストのラカンパネラ。
リストは愛の夢ぐらいしかしらなかった。
一粒一粒の音が星々のように煌いていて、華やかななかに繊細な調べがある。

辻井さんの演奏がこの曲の本来の美しさをひきだしているんじゃないかな。
リストがこの演奏をきいたらきっと弾きおえた辻井さんに駆け寄って
両手を広げて彼を抱きしめるに違いないと思う。



category: ピアノ

tb: --   cm: 2

スカビオサ  

食わず嫌いでなんとなく避けてたのに試してみるとお気に入りになった花のひとつがスカビオサ。
(6/30撮影)
IMG_3118-1.jpg
スカビオサのなかでもこのコーカシカは花が大きくてとてもカワイイ~。
花期もそこそこ長くて丈夫そう。


さらさらヘアーだったホルデュウムの穂がいつのまにか花火になっていた。 (6/30撮影)
IMG_3098-1.jpg
ぱちぱちと音が聞こえてきそうな感じ。



ちょうど良い具合にヘレニウムとスタキス、ユッカの咲く時期が重なって好きな風景のひとつになった。
(6/30撮影)
IMG_3065-1_20130706131406.jpg
ヘレニウムが咲き始めるともう夏の庭。
今年ももう半分が終わった。。


category: 庭日記

tb: --   cm: --

バラとラベンダーとデルフィニウム  

今年のデッキ花壇のバラはいままでで一番の花つきで、気温も例年より少し低めで推移してるおかげで素晴らしいバラシーズンを迎えることが出来た。

6/30撮影
IMG_3124-1.jpg

写真を写してから4日が経過したいまもほぼ同じ状態で咲いている。
特に中央の淡いピンクのバラ、コケット・デ・ブランシェは一面に花がついていて、初めてこのバラのよさを実感した。
アイスバーグ並みに花つきがよくて休みなく秋までずっと咲き続けるし、フンショウロウに良く似た感じの花は本当にかわいい。

去年、一昨年と異常高温の夏が続きバラの一番花もあっという間に終わって楽しむ余裕もなく、イギリスの涼しい気候の中でずっと咲き続けるバラの美しさを羨ましく思っていたけど、例年なみの気温であればミシガンでもイギリスのような美しいバラを楽しめるのかもしれない。
デッキの手すりをやりかえる作業中なのでバックがみっともないのがほんと残念だなぁ・・・。

対照的に、雨が続いたせいで今年のデルフィニウムは倒れまくり折れまくって受難の年になった。。
何年もぱっとしなかった白い八重のデルフィニウムが今年はびっくりするぐらい立派に咲いてくれたのが救いだ。


category: 庭日記

tb: --   cm: --

ワインカラーのクレマチス  

きちんとワイヤーを張っていなかったせいでマダム・ジュリアコレボンが団子状態になって
解く際に蔓を少しきったりという不具合があったけどなんとか様になりました。
(6/30撮影)
IMG_3107-1.jpg
この写真の上方ではパープレアプレナエレガンスが落ちてきそうなほどこんもりとなっていて、その勢いには毎回舌をまきます・・。


涼しげなブルーのアラベラもビチセラに負けていません。(6/30撮影 )
IMG_3076-1.jpg
この手のクレマチスは地面に這わせるとつるが自然に曲がって花が上を向くので下草のように使えます。


ポテンティラ・ミスウィルモットが咲き始めると途端に庭の華やか度がアップ! (6/30撮影)
IMG_3081-1.jpg
ちっちゃな花なのにインパクト大です。


こうしてみるとうちの庭ってクレマチス・ガーデンだな。



category: 庭日記

tb: --   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。