My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

寒い朝  

今朝の明け方の気温は氷点下1℃で昨日の朝が氷点下3℃。零度以下に下がったのがこの秋3度目になりました。
寒い冬が始まりますね。
もう写真に収めるのも何もなくなってきた庭をぶらぶらしながら、ここをこうした方がいいかしらって考えをめぐらしていました。


コットンキャンディーと呼ばれている人気のあるグラス、マーレンベルギア・カピラリス。
逆光で撮ってみましたが、その魅力を少しは伝えられたかな。
IMG_4939-1.jpg
このグラスは同時期に植えたEragrostis spectabilisかも?という疑いもあって、実のところよくわかりません。どちらかであることは確かで、両者の違いが分る方がいましたら教えてください。
背後のペニセツムがかなり広がるのでもう少しスペースを確保できる場所に移して、直線的なフォルムが美しいスマートなカールフォレスターかその矮性種を持ってこよう。

秋に開花を迎える宿根草やグラス類はシーズンを通して形がくずれず草姿が美しいので重宝します。

ロサグラウカも真っ赤に熟して、完熟したものがいくつか地面に落ちています。
IMG_4945-1.jpg
このバラの実は発芽しやすいようで落ちた実をそのままにすると毀れ種から生えてくることも。
赤い実というのも秋を彩る重要な要素ですね。


ラベンダーもこの時期になると返り咲きます。
寂しい時期に再び咲いてくれるなんてよい花だな。。と改めてその良さに気付かされたり。
バラの葉が黒点でなくもっと美しかったらいいのに・・。
IMG_4948-1.jpg


お帰りになる前に↓にポチよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

category: 庭日記

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。