My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

冬の庭の楽しみ  

落ち葉も舞い始める季節になると庭の風景も一段と寂しいものになりますが、常緑のニオイヒバ’エメラルド’を背景にしてコークスクリューヘーゼルがようやくその魅力を発揮する時がやってきたようです。
IMG_5050-1.jpg

春に思い切ってお迎えした少しお高いこの樹から、ぼろ切れのような葉が落ちていくにつれ、くねくねと複雑にまがった不思議な枝ぶりが見えてきました。
IMG_5094-1.jpg
カトキンがすこしずつ成長していて春にはたくさんの垂れ下がる黄色の花で全体が覆われそう

視線をずらすとパティオからは我が家のシンボルツリーの白樺がみえます。
2007年の秋に身長ほどの2本の幼木を植えましたが、毎年勢いよく背を伸ばし逞しさを増しています。
IMG_5065-1.jpg
今の樹高は5メートルほどでしょうか。日本に自生する白樺より黄葉を迎えるのが遅いようです。


少し離れてもう一本の白樺が植わっています。
IMG_5076-1.jpg
落葉した葉が緑の芝生に散らばっている様はとても美しくて、今年はその様子をカメラに収めたいと思っています。


この時期になると カラフルなサリックスで燃え上がるあの素晴しいウィズレーのウィンターガーデン(皆様ご存知ですか?)に思いを馳せてしまうのですが、美しい白い幹やくねくねっとまがった面白い枝は、いずれも春までの長い期間にわたって楽しませてくれるよい素材だと思います。


お帰りになる前に↓にポチよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

category: 庭日記

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。