My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2012 国際バラとガーデニングショー **ショーガーデン編**  

さて今回はショーガーデン編です。
ガーデンはショーガーデン、中、小ガーデンとわかれて展示されていました。


どちらのお庭なのか控えていませんでしが、甘たっるすぎない可愛いさが好みです。
IMG_7061-1_20120627042716.jpg
派手すぎず、かといって地味すぎずバランス加減がいいですね。


樹木や葉物のなかにバラが上手に組み合わされてます。
IMG_7064-1.jpg
庭づくりの参考になりそうなお庭です。


このノバラ風の白バラが私的にはとても気に入りました。
IMG_7119-1.jpg


大きな寄植えといった雰囲気です。
葉の美しいものがあちこちにちりばめられているので花後も美しさを保てますね。
IMG_7070-1.jpg 


ここは吉谷桂子さんのお庭です。
色使いが見事でした。
ドラゴンのオーナメントや丸く刈り込まれたトピアリのつげ?
などが印象的で目を惹きます。
IMG_7099-1.jpg

IMG_7088-1.jpg
ピンクや薄紫色がつくるグラデーションが綺麗ですね。

白やシルバーをメインにした爽やかなコーナーではカサブランカが見事です。
うちにも何年もあるのですが、まともに花が咲いたことがありません。
肥料と土壌の酸性度のせいだと思います。
IMG_7095-1.jpg 


イエローやオレンジを取りれたこの一角も輝きにみちていました。
IMG_7097-1_20120627042930.jpg 


こちらは今回のショーの目玉として発表されたキッドキャストンさんのお庭。
IMG_7108-1.jpg 


写真ではうまく撮れませんでしたが、アグロステンマ桜貝やブルーの矢車草、オルレヤが交じり合って
美しい光景を作り上げていました。
IMG_7111-1.jpg 


最後に山田ケイさんのお庭です。
IMG_7121-1.jpg 

じつはあまり印象に残らず最初は通り過ぎてしまいました。
いったいどこにあるのかと冊子をみながらやっとたどりつきました。


IMG_7129-1.jpg

IMG_7131-1.jpg 

背の高い花が塔のように林立する中にバラが散りばめられた眺めというのはやはりインパクトが大きくて
(私がはじめてたくさんの麗しいバラをみて浮き立ったように・・)
同じような植栽が幾度も繰り返されるのは普遍的な美しさが存在しているからかな?・・・
とこれらの写真を見直しながら思いました。



お帰りのさいは↓ぽちっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ 

category: 2012日本への旅

tb: --   cm: 2

コメント

ちょっと前の記事へのコメントでごめんなさい。

>そこには普遍的な美しさが存在しているからなのかもしれない
なるほど、です。

私は元来へそ曲りなせいか、「ジギタリスやデルフィニウムにバラ」という組み合わせには
「自分でもこういう庭を造りたい」とぜんぜん思えないのですが
客観的には見てすごい素敵だな~、と思いますもの。
ケイさんのお庭よりは、キッドキャストンさんの落ち着いたお庭のほうが好きかな~。

でも「国バラ」ですし、やはりケイさんの今回のようなお庭は
欠かせない構成なのでしょうね♪

URL | ritsu #6.Qxok4E
2012/07/01 22:11 | edit

ritsuさん

私の場合は、素直というか(自分でいうか笑)、デルフィを見たとき「林立させたい!」って思いましたね。さらにそれ以前に、ナーセリーのジギタの写真をみて、その面白い姿に一目惚れして種蒔きしたとこから私のガーデ二ングは始まりました(^-^)

国バラはバラショーだから、写真のような世界はあって当然なのでしょうが、イングリッシュガーデンの真似でなくて日本の気候にあったバラの使い方を提示するガーデンがでてきてもいいんじゃないかなと思います。

URL | ニコシア #mQop/nM.
2012/07/02 15:17 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。