My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ヘレニウム&エキナセア&エリカ&アジサイ  

早朝のまだ覚醒しきらない自分の耳に何かが窓をたたきつける激しい音が聞こえてた。
「???・・・」
とっさに昨夜のニュース画面に映し出されていた降雹の恐れのある地域マップが頭に浮かんだ。うちの周辺は確か含まれてなかった筈だけど・・。
「もしかして雹?」
夫はすでに目覚めて外の様子を伺っているようだった。目を開けて確認した訳ではないけれど、彼が注意深く窓の外を眺めているのを気配で感じた。
「雨だよ」
雨?あの激しくガラスを撃つ音が雨のはずがない。本当に雨?そうだとしたら何日ぶりだろう。というか、こんな激しくたたきつけるような雨の音をこのミシガンで聞いたことがあっただろうか・・・。
まぶたの裏を閃光がはしり、そのあとに雷鳴が聞こえてきた。私の意識は徐々に現実と空想の境界線を漂い始めた。暗い一室の中で雷鳴に怯えながら床にうずくまって逃げるところを探している自分がいた。そして次の場面では外にでようとする人間を必死の力でとめていた。

室内にいるのにどうして雷に打たれると信じてあんなにも恐れていたのか。夢は支離滅裂なものだけど、その馬鹿さ加減におかしくなった。自分のそばで同じように恐怖の色を浮かべて顔を床に押し付けたまま震えながらうずくまっていた人たちはだれだったのだろう?いつも目覚めると同時に、夢の大半はもう届きそうもない自分の意識のずっと奥にもぐりこんでしまって、夢の中で味わった恐怖や不気味さだけが後に残る。

コンフォーターの下の肌はさらっとしていて汗もかいていなかった。外出するのも億劫にさせるうだるような昨日の暑さとは程遠い、ひんやりとした今朝の心地よい室内の空気が一瞬不思議に思えたが、すぐにああ、これがミシガンだと納得した。ブラインドの隙間から見えるまだ乾ききっていないドライブウェイが早朝の激しい雨のなごりを留めていた。





と小説風にはじめました。これは今朝の私です。
待望の雨が降ってくれました!
こんな一度に降らなくても、小出しにしてくれてもいいのに。。


モナルダ・スノーホワイトが輝いています。
あ~、好きだわ。この子。
赤はお店でよく見かけるのに白って一度も見たことないわ。
一番綺麗なのにね。
IMG_8334-1.jpg


ヘレニウム・モーハイムビューティ。
咲き始めはビビッドな赤でやがてオレンジに退色します。
IMG_8340-1.jpg


エキナセア・サンライズ。
花つきがよいです。
花径も大きくて見ごたえがあります。
IMG_8350-1.jpg


エキナセア・ピンクダブルデライト。
サンライズに負けず劣らず花つきがいいです。
しかも丈夫で育てやすい。
マーガレットのようなかわいさあり。
IMG_8354-1.jpg

IMG_8356-1.jpg
ねっ、可愛いでしょ。


ヒペリカム・マジカルオレンジも本当にいい!
うちね、実は結構シュラブ類を植えてるけど雨が少ないせいかどれも育ちがいまいちでブログで紹介できません。
でもこのヒペリカムだけはどんどん勝手に育ってくれる。
IMG_8378-1_20120706040147.jpg

花も実もかわいい


アジサイ、今年もピンク 何でよ。。。。。
あんなにいっぱい硫黄まいたのに。
まだ足りへんかったっていうこと?・・・・・。
IMG_8387-1.jpg


エリカとカルーナがもこもこ茂るヘザーの小道を作りたくて6株ほどお迎えしました。
IMG_8371-1.jpg
酸性土壌を好むから中性土壌のミシガンじゃ無理かなって悩んだけど一か八か賭けてみようとトライしました。
今のとこ、弱ってる感じはなくて少しだけ大きくなったような気がします。



去年種蒔きしたゲラニウム・ケンドールクラークが咲いてます。
IMG_8341-1.jpg
やっぱり綺麗だわ。
種蒔きしてよかったぁ。
想像してたより薄いラベンダー色だけど花弁に入る白の筋がとて魅力的です。


お帰りのさいは↓ぽちっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ 

category: 庭日記

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。