My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

庭のバラを摘んでみました  

IMG_8457-1.jpgヘルモサ


IMG_8443-1.jpgIMG_8471-1.jpgスーヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン 
オールドローズのホール・オブ・フェイムの殿堂入りを果たした8つのバラのひとつだそうです。 



IMG_8484-1.jpg 

庭で咲いているバラを摘んで小さなガラスのビンに。
いつも郵便物や新聞で散らかっているキッチンテーブルを片付けました。
 切花のバラを買わなくてもこんな素敵なバラが庭にはあったんだわ・・・と気づきました。


ヘリテージ
クラウン・プリンセス・マルガリータ
スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
コケット・デ・ブランシェ
を一厘ずつ。

赤いバラは
ウジェーヌ・ドゥ・ボアルネ

ボアルネは去年、放置していたので瀕死の状態です。花つきがすこぶるよいバラらしいのに咲いてるのは一つだけ。
復活させよう・・・。
 

お帰りのさいは↓ぽちっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ 

category: 庭日記

tb: --   cm: 2

コメント

 ミシガンの夏は大変暑いのですね。冷夏の英国もオリンピックの熱気の所為でしょうか、このところお天気続きで今日は28度にも上がりました。珍しく高温です。
 薔薇の写真を拝見させていただきましたが、コメントでお書き頂きましたように、C.P.マルガリータは色が多少私の庭の物とは異なるようですね。土壌や気象条件も関係するのでしょうかしら。場所によって異なる表情を見ることが出来るのも、バラ栽培の愉しさかもしれませんね。
 ガーデンローズの切り花は私も本当に素晴らしいと思います。一本だけ花瓶に挿しても素敵な香りを放ち、存在感がありますもの。

 ところでゴールドフィンチは私の庭でもラヴェンダーの実をついばみます。ラヴェンダーに群がるのは冬になり、まわりに食べ物が少なくなったころやってきますので、私は刈り取った先端部分を木の枝や柱など目立つ所にしばりつけておきます。

 これからそちらの暑さは本格的でしょうか。お大事にお過ごしくださいね。

URL | はなあかり #gy/qpaFs
2012/07/24 12:48 | edit

はなあかりさん

イギリスは春からずっと雨続きのようですが、オリンピック開催期間中はお天気のよい日が続いてくれるといいですね^^
イギリスの夏は涼しいから、バラの花もちがよくて羨ましいです。
ミシガンでは夏の間は咲いたそばから切花にしないと、咲いてもすぐに散ってしまいます。バラは庭で眺めるというより、室内で切花にして楽しむために植えてるような気がしてきました(笑)
マルガリータの色が薄いのはやっぱり気温が高いのが大きな理由だと思います。
9月を過ぎるとバラも時間が止まったみたいに長く咲いてくれるのですが、よい時期も短くて10月になると霜がおりてバラのシーズンも終わってしまいます・・。

はなあかりさんのとこでもゴールドフィンチはラベンダーの種をついばんでるんですね!同じですね。
私もこの冬は刈り取ったのを捨てずに、木にくくりつけてみようと思います。

URL | ニコシア #mQop/nM.
2012/07/25 12:19 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。