My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

不快指数の話  

私がミシガンに来た当初、中学生に理科を教えていましたが、その中に飽和水蒸気量という言葉が出てきました。飽和水蒸気量とはある一定の体積中に最大限含むことのできる水蒸気の量のことをいい、空気が飽和水蒸気量に等しい水蒸気を持っているときに湿度は100%になります。横軸に温度、縦軸に飽和水蒸気量をプロットした飽和水蒸気量の曲線はなだらかな右上がり曲線になっているので、一定の体積中に含まれている水蒸気の量が変われなければ、温度の低下とともに湿度も必然的に上がっていきます。つまり一日のうちで気温が一番上がるときに湿度はもっとも低くなり、逆に温度がもっとも下がる明け方に湿度は最高になります。

今年のミシガンは観測史上もっとも暑い夏となりました。7月は、ほぼ毎日といっていいほど真夏日でした。
しかしその一方で、わざわざ冷房のある2階に逃げ込まなくとも扇風機(ときにはなくても)でしのげるぐらいの、関西の暑さとはずいぶん質が違う暑さであるのも確かです。湿度の低さが関係しているのが大きな理由ですが、これまであまり湿度を気にしたことはなかったので、ふと何%ぐらいなのかチェックしてみたところ、ミシガンの湿度の一日の最低値は雲のほとんどない晴れの日だとだいたい30%あたりで推移していることに気づきました。ちなみに同じ時期の神戸の湿度は50%台なのでミシガンの湿度はかなり低いですね。ここではカビがほとんど発生しないことや、庭でコケを目にすることがないのも納得です。

0.81T+0.01H(0.99T-14.3)+46.3
T=気温 H=湿度
これは不快指数を計算する式です。
数学が嫌いだといってここで読むのやめないでくださいね・・・。
そんなに難しくありませんから
例えばちょうど今の時間のミシガンの気温30℃、湿度49%を上の式に代入すると
0.81×30+0.01×49×(0.99×30-14.3)+46.3 = 78
不快指数は78です。

不快指数と体感はつぎのような関係にあります。

~55 寒い
55~60 肌寒い
60~65 何も感じない
65~70 快い
70~75 暑くない
75~80 やや暑い
80~85 暑くて汗が出る
85~  暑くてたまらない

78だとやや暑いということになります。で、実際どうかというと、暑いけど汗をかくほどではないのであっているような気がします。

神戸で同じ気温を記録した7月のある日の気温32℃、湿度52%を例にとると不快指数は81になります。体感的には「暑くて汗が出る」ということになります。

体感温度の違いに湿度が関係してるわけですが、風のあるなしでも暑さの度合いは違ってきます。真夏日でも風のよく吹き抜ける日であれば、日陰で腰かけながら夏の輝きに満ちた心地よい一時を楽しめます。
でも今年は39℃なんていう日もありました。そのときはさすがに、汗がどんどん噴き出し体はべとべと状態で疲れを感じずにはいられませんでした。
気温39℃、湿度30%で不快指数を計算すると、85.1
体感は「暑くてたまらない」になります。
湿度が低くても、ここまで気温が上がると不快指数は高くなります。

上の例からみると、冷房をつけなくても32℃前後の気温だと、除湿で40%ぐらいまで湿度を下げて扇風機を併用すれば、暑さをしのげるような気がします。どうでしょうか?
神戸の学園都市線の妙法寺という、少し山の中腹あたりで一人暮らしをしていた頃、知り合いから結構役に立つよと半ば押しつけられた除湿機を稼動させながら冷房なしで夏をしのいだ思い出があります。あっという間に数時間で満タンにたまる水を捨てながら、意外にもなかなかいい仕事をするじゃない!とそれまでちょっと見下していた除湿機を見る目が頼もしい仲間をみる目に変わりました。あれは2004年の夏でしたが、そのときは冷夏だったのかしら?

次回はアメリカの湿度や気温、降水量などに関して地理的なことについて考察してみたいのでお楽しみに(してないって・・)







category: ちょっぴりサイエンス

tb: --   cm: 2

コメント

おぉぉ~、不快指数って、こうやって計算するのですね。

さっそく計算~(エクセルちゃんに働いてもらいました)
なんと、今朝の我が家のキッチンの不快指数は、80超でした(>_<)
今朝はね~、朝6時前から30度を越していたので、もう憂鬱気分です。
はやく秋にならないかな~。

飽和水蒸気量...
空気が乾燥している冬よりも、湿度の高い真夏の方が洗濯物がよく乾くのは、
これが関係している、と
以前、誰かに語られた記憶があります。会社の先輩だったかな?

ニコシアさん、さすが理系♪

URL | ritsu #SZuYwh4Y
2012/08/03 01:58 | edit

ritsuさん

早速計算されたんですね(笑)
エクセルだと一度に計算できて便利ですね^^
時間ごとに値を入力して、一日の不快指数のグラフ書いてみたら面白そう。
今年の日本の夏は、例年より暑さがましな感じがするのですが、朝の6時から30度越すときついですね^^;
うちは明け方の気温が結構低いので30℃を越すのはお昼前後なんですよ。

冬に湿度は低くなりますが、飽和水蒸気量が温度の低下とともに下がっていくので、夏に比べると水の蒸発できる絶対量自体が少なくなって乾きにくくなりますね。
会社の先輩のおっしゃったことは正しいと思います。

URL | ニコシア #mQop/nM.
2012/08/03 10:36 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。