My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

3月のライオン ~将棋の世界ってボクシングだったのね~  

ショウギ

5月に日本から持ち替えった3月のライオン7巻までを
ようやく読み終えた。
熱くて苦しい辛い
そんなものがたくさん詰まったお話。

互いに向き合って静かに将棋を差す棋士の脳内で
繰りひろげられる壮絶な駆け引きに
将棋ってすごい世界だったんだなぁと驚いた。


明かりもみえず正しいのかさえわからない道を
ひとつずつ足を踏ん張って主人公の男の子が
つきすすんでいく。
その先に彼が見る景色を私も一緒に見たい

「ぼくたちの国の神様のこども」と
作者が称する宗谷名人の姿も
だんだんと明らかになってきて興味深い。

勝ち目がなくてもしがみついてもがき進む
キャラクターたちの姿が読む人の心を揺さぶる。
愛しさを覚えずにいられない彼らの生き様をとおして 羽海野さんは
私たち一人一人が自分の人生という舞台のスターなんだよって
本当に苦しみながら頑張ったものだけが
宝石を勝ち取れるんだよって
励ましてくれている。 
 





category: コミック&アニメ

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。