My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

枯れた木  

8年ぐらい前に
バックヤードの後方に4本のカナダトウヒが植えられた。
一昨年前に1本枯れ、引き続いて去年
別の2本が駄目になってしまった。
真っ白い雪を背景にすかすかの惨めな姿をさらすトウヒ。
春になったら枝をすべて切り落として根を堀りおこして処分しよう。 

一年を通して緑のスクリーンとして
周囲の無遠慮な視線を遮ってくれるカナダトウヒは
獰猛なプレデターから小鳥達が身を隠したり巣作りをする場所。
ミシガンではランドスケープにもっとも使用されている。

真夏の昼下がりにふと視線を向けると
密に詰まったトウヒの枝が濃い影を落とす場所から
アメリカンロビンや野鳩がこちらをじっとみてるのに気づいたりして
ドキッとする。
 
IMG_0606.jpg

2年続いた酷暑。
春から夏にかけて雨が全然降らなかった記録に残る大旱魃。
年々すぐそばの白樺が丈を伸ばし
目には見えない地中で起きてるかもしれない激しい水の奪い合い。

枯れた理由はどれも当てはまりそうに思える。

数十メートル離れたところの同じ時期に植えられたカナダトウヒが
堂々と美しく育っているのを見ると
たまたまうちの後方に植えられたものは性質が弱かったのか・・。 

 
IMG_0608.jpg 

あるクレマチス愛好家の女性が
自身のブログでこんな話しを語っていた。
彼女は鉢植えの2株のテッセンを隣同士で仲良く育てていた。
あるとき、そのうちの一本を母親に譲ることになった。
すると姉から引き離された妹テッセンはたちまち元気をなくした。
一株になっただけで以前と特に条件がかわったわけでもないのに
見る見るうちに弱ってしまった。
思い余って母親のところから姉のテッセンを持ち帰って元の場所にもどすと
弱りきっていた妹がまるで何事もなかったかのように元気を取り戻した。
そして、仲の良い姉妹は時期になると
これまでどおりに彼女のベランダを美しく飾った。


枯れこんだトウヒをみながら私はふとその話しを思い出した。
一番初めに枯れてしまったトウヒがどんどん弱って
黴に覆われていく様子をじっと周りのトウヒたちは
みていたのだろうか。
そして無残に枝を切り落とされて
根っこを引き抜かれるのを。
たった1本だけ残ったトウヒもひとりっきりでは耐えられなくて
裏庭から姿を消してしまうのだろうか。


カタログをひっぱりだしてページをぱらぱらとめくりながら
カナダトウヒを探したけれど
オーナメンタルツリーのコロラドトウヒしか見当たらなかった。
暖かくなったらナーセリーを覗いてみよう。
元気で健康な苗が手の届く範囲で見つかるように。


category: 庭日記

tb: --   cm: 2

コメント

クレマチスのお話、興味深いですね。
話しかけながら世話したほうが元気に育つとか
モーツァルトを聴かせると生育が良いとか
植物には不思議なエピソードがあるけれど、これもまたそのひとつかな。
科学的に実証されて欲しいような不思議なままでいて欲しいような。

カナダトウヒ、のこった木はどうなるのでしょう。
ナーセリーで手に入りますように。

こちらもまた今年も酷暑になるそうです。
酷暑と極寒の二極化。。。過ごしやすい時期がどんどん減って辛いです。

URL | ばぐ #SZuYwh4Y
2013/02/01 18:02 | edit

v-22ばぐさん

植物には感情みたいなものがあるかもしれないと思うと、
無下にできませんね。
これまでずいぶんひどいことをしてしまったりしたので・・・
いろいろ思いおこすと痛いです・・。
のこったカナダトウヒも実はあまり元気よさそうに見えません。
このままでは今年消えてしまうかもしれないので仲間を早くお迎えしたほうがいいかも。
こちらの冬はここんとこそんなに厳しくないですが、夏がちょっと不安です。
それと、3月頃に異常に気温が上がったりして、植物達が目覚めたりするようなことにならないで欲しいな。

URL | ニコシア #mQop/nM.
2013/02/02 17:03 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。