My Cozy Garden

ミシガンでローメンテで美しく居心地の良いお庭づくり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

10月の庭  

今年の9月は例年にない暖かい日が続いたせいなのか
もう終わりに近づいたとはいえ、萩が依然として咲き続けていてるし
これから咲くトウテイランの花穂もまだまだたくさん残っている。
去年のブログ記事をみると花の時期が1か月ぐらいうしろにずれているのかな。

トウテイランのシルバーリーフにセダムの黒っぽい茎が相乗効果を生み出していて
自分の予期しなかった組み合わせの魅力にちょっとわくわくした気分になる。



滝が流れるように咲く萩の花は、夏から秋にかけての楽しみの一つ。



班入りの葉の間から高くまっすぐに伸びるグラスの穂が秋の情感を高めている。
このグラスは大きくなりすぎずお行儀がよい。
個人の庭では重要な点だ。






茂り好き感のあるフロントヤード・・・。
でもこの感じ、好きだなぁ。



毎年一番さいごに咲いてくるユーパトリウムがついに満開を迎え
最終章を迎えつつある庭の一角で
意外な興味を引いているのがシベリアンアイリスのシードポッド。
コテージガーデンのよいアクセントになっていて
なかなか面白い。

アイリスは一年を通して美しい姿をたもっているからローメンテをめざすうちの庭に欠かせない。
シベリアンアイリスの前を通るたびにその美しい姿勢のよい姿に目が惹きつけられる。


category: 庭日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。